続 成長のエピソード

2歳

2歳 ベビー爪切りを卒業。大人用を使い始めるものの、やっぱりこわいみたい。そこで、父親が歌を口ずさみだしました。家族で歌いながら、和やかな雰囲気の中だと落ち着いて、爪パッチンができました( ´艸`)
「(自分の名前)、〇〇、見た」など三語文を話すように。おしゃべりが上手になってきました。わざとおもちゃを隠して「〇〇ないねー」と遊んでいることも(笑)
ICレコーダーに自分の声を録音し、聞くのにハマってます。ですが、家族が揃ったところで、いざ、録音ボタンを押すと…恥ずかしいのか、固まってしまうチキンボーイ;
ジブン、ジブンが強くなってきました。ズボンを履くとき、見守るようにしているのですが、左右を間違えたり、両足とも片側に入れて困惑したり。うまくいかないこともしばしば。今は修行の身。がんばれー!!
鼻水が出る度、お世話になっている耳鼻咽喉科。一人でイスに座り、吸引のマスクを持って、治療している様子は大人顔負け。
2歳1か月 野菜嫌いですが、トマト、もやし、はくさいが少しずつ食べられるように。それから、みかんが大好きで、一人で皮をむいて食べています。食べたい欲が強すぎて、親の目を盗んで、ベッドの上でみかんを食べていたのがバレたことも(笑)
どうやら保育園に気になる女の子がいるらしい。父親が「〇〇ちゃん」の名前に反応するのに気づき、甘ずっぱい感情の芽生えを知るのでした。
2歳2か月 母の実家へ二人旅。雪で遊んだり、そりに乗って、東北を堪能。じいじとばあばにもたくさん遊んでもらいました。
箱根・小田原へ家族旅行。電車、船、ロープウエー、ケーブルカーと乗り物三昧。なぜか、ケーブルカーが「クイークイーパー」と聞こえるので笑ってしまいます。旅先で隣り合わせになったお姉さんに話しかけられ、恥ずかしそうに顔をうずめてみたり。別荘風の宿では家族で「待て、待て」とはしゃいで楽しみました。
ベビーカーに乗りたがらないのが親にとっては悩みの種。歩きたがるのは決して悪いことではないのだけど、途中で止まったり、逆走したり、移動にかかる時間が相当なものに。たくましく育ってくれればいいんだけど、ちょっと危なっかしい場面もあるから、ひやひや。
2歳3か月 父にべったり。すでに母離れしてる模様。なぜか、父のことを「ママ」と呼び、父親不在時、母である私の前で「ママ、いないね」と言う。…ん?と思うとこですが、ただ、ボケてるようです(笑) 
2歳4か月 あるひ、父の部屋に一人で侵入。電気をつけて、しばらく戻ってこないなと様子を伺いに行ってみると…なんと、村上春樹の本を注意深くめくっているではありませんか!! 読めてはいませんが、活字の分厚い本を手に集中している姿に驚かされました。
2歳5か月 これまで苦手だったピーマンが食べられるように。保育園が変わって、環境も影響してか、言葉も一気に上達。が、反面、赤ちゃん返りで甘えん坊なところもあります。
お手伝いをしたら、10円のお小遣い。貯まったら、電車の旅に行けるとモチベーションを高めています。お手伝いがデキるのはいいけど、ふと、母の財布から小銭をパクって貯金箱に入れてた…。泥棒しないでね!
きのこブーム到来。食感が苦手な部類かと思っていたけど、好きらしい。きのこ、きのことリクエストされ、えのき、舞茸、しめじ…ときのこ三昧(笑)
2歳6か月 まだまだ、と思ってたけど、保育園からパンツを用意するよう言われ、トレパンスタート。初日は成功したようです。
お料理男子。キッチンに立ち、お手伝いしてくれます。母のお弁当も自分が作るんだと意気込んでいるのが嬉しい!
クロワッサンが好きで、「コアラさん(?)」と言っているのが可愛らしい。
「愛してるから、抱っこして」と言われ、甘え上手だなぁと。ストレートにこんな風に言われちゃうと…(笑)
2歳7か月 父とフットサル。チャンスをもらい、ボールを蹴っていました。
お風呂を先にあがっては、自分からバスタオルをとり、体を上手に拭いているではありませんか?! もう、親の手をかけなくてもデキるんだと驚きました。さらには、頼んだわけでもないのに、洗濯物をもくもくと外してくれて…感動もんでした。父が不在時、母を助ける頼もしい男の子。ステキステキ(*^▽^*)
2歳8か月 保育園での帰りの時間、玄関にて。後からやってきた女の子に、さりげなく靴を用意してあげていました(笑)
お風呂からすぐあがりたがるので、ひのきで作られたおもちゃ(海のいきもの)を導入。まるでプールのように泳いで楽しそう。ついこの前までは水が目にかかりそうになるのを嫌がっていたのに、水中に潜って目をあけているのに驚きです。
2歳9か月 この夏は、こまちで秋田へ。竿燈まつり。大人になって記憶に残ってるかなー。小さい竿燈を持たせてもらったよ。
安産の御守りにと、竿燈まつりのロウソクをもらったのですが…まつりの帰り道、ムスコが母と父の手をつながせて仲をとりもってくれました。そろそろ兄弟欲しいよねと思っていた頃ではあるんだけど、わかるのでしょうか…。お、大人。

秋田犬を目の前にしたときはビビって近づけませんでしたー。‐10度を体感できるかまくら館では、どんぶくが気に入ったようで、脱ごうとせず…。綿入れ帽子も似合ってたなぁ。
従兄弟と一緒にお泊まり。はじめは、アウェイ感があったけど、布団ででんぐりかえりをしたり、お兄ちゃんと仲良くできたね。水遊びは、一番はしゃいでたくらいだし。初めての手持ちの花火は、一人で上手にできてたよ。
去年に引き続きキャンプ。川遊びしたら、案の定、座っちゃうから全身ずぶ濡れ。川の流れが穏やかゾーンに陣取ったけど、お兄ちゃんお姉ちゃんたちがいるゾーンにいきがってました。スイカとブドウ(巨峰)はむさぼるように食べてて、フルーツ祭り。キャンプ場を探検して、ラジコンカーを操るお兄ちゃんたちのところで、しばらく見学。まぁ、非日常の場所で刺激をたっぷり受けて、また一回り成長したような気がします。
2歳10か月 時期的に遅いかもしれないけど、なかなかタイミングがなくて先延ばしになっていた歯医者へ。フッ素コーティング。父に連れられ、馴染みない病院に行くも、診察は親を離れて、泣かずにいられたらしい。見事(笑)
赤ちゃん返りで指しゃぶり復活。母が妊娠、つわりが酷く、あまり構ってあげられなかったためにストレス抱えてた様子。(結局、お腹の子は育たず流産)
2歳11か月 母に寄り添う頼もしい男の子。つわりでダウン、流産で精神的にも凹んでた母を気遣う様子に感動(涙)
「気持ち悪いの?」と寝つけずにいる私を心配し、ムスコも通常より遅くまで起きてる。私のそわそわした気持ちを感じとってか、ムスコが寝ないのは自分のせいだと後になって理解。大丈夫?とトイレまでついてきたり。ベッドでは、肩を抱き寄せ、頭をなでてくれて、小さな我が子に守られてた。まるで、自分が子どもになったかのような。優しい「男の子」だなと改めて実感。
父親が転職。これまで週2は泊まり勤務だったため、ガラリと生活に変化。泊まりはなくなるも、夜帰りが遅い仕事に。なので、逆に朝は、お父さんと保育園へ行くのが恒例化。時間が合えば、母の自転車に乗せて、みんなで保育園まで行き、園の中での支度だけ父親任せなんてことも。
母が流産後、リフレッシュしたかったこと。父が転職し、平日休みがあることを生かし、母も休めるときは休む方針へ。おかげで、家族揃って平日にお出かけしまくりになりました。休日行くと混雑してるような場所も、平日はいいかも!

3歳

3歳 母より先にお風呂をあがり、「自分のバスタオルとりな」と声をかけると…意外にも、母のバスタオルを優先的にとって渡してくれるのでした。自分のことはさておき、まずは相手に気配りできるスキルがもう顕著に表れてる!
「大好きー」と言って、ぎゅーっとハグするのがブーム。幸せすぎます (*@>ε<@*)
3歳1か月 初めてのしまじろうの英語コンサート。すぐ近くまで、しまじろうが来てくれて大興奮。恥ずかしがり屋だけど、ステージを見ながらダンスを真似てみたり、親子で楽しめました。サイコーのクリスマス(*^▽^*) またリピ希望!
冬休みは会津で雪山デビュー。パウダースノーをそり滑り。何度も何度も挑戦。東京じゃ味わえない遊びを満喫できた(*^▽^*)
3歳になった前後から自主的にボタンの練習をしはじめ、パジャマのボタンは自分でできるようになっていたよ!
脱いだ服の袖もいつの間にか、自分で正しい向きにくるりんできてた!
3歳2か月 自ら比較するように。お母さんの服についてるボタンと自分の服についてるボタンの大きさが違う、とか。こちらから仕掛けるような問いかけをしてるわけではないけど、2つのものを比べてはどちらが大きいかなど言っていることに成長を感じる!
2つ以上を比較して分析することもありびっくり。
ICレコーダーで倍速にして、英語のリスニング。倍速は必要ない機能とばかり思いましたいたけど、ムスコの活用法に目がテン!
3歳3か月 母のお腹に再び宿った命。半年前の赤ちゃんは天国へ行ってしまいましたが。あの頃より、受け止められてるのかな。
動物園で気に入っていたのが、なぜかダチョウ。行く前にはリスに興味を示してたのに、意外と大きな動物に食いつく。
大好きなトーマスの絵本を自分で声に出して読みたがる。文字は読めていないでしょうけど、音声でインプット。暗記してるわけじゃなくて、内容を理解し、自分なりに物語をつむいで話を進めてます。1時間程度の映画も頭でわかっていて、絵本に書かれていないけど映画ではこうだったねと補足することも。理解力に感服。
3歳4か月 まだオムツはとれないものの、ウチでもパンツのまま過ごせてきました。
妊娠中の母に対し、玄関のドアを開けてくれたり…先回りして気配りしてくれるのが、ありがたい。
母の妊娠初期を乗り切るべく、母のふるさと会津を満喫。初めてのいちご狩り。復興支援の鶴ヶ城プロジェクションマッピング。
3歳5か月 幼児クラスに進級。リュックを背負っての登園が嬉しそう。ただ、1週間、保育園を休んで母とべったり生活を経て、登園しぶりもありましたけどね;
半年前にストライダーを買いましたが、ペダルがないから…とあまり乗ってくれず。自転車でお出かけの際は、三輪車でついてきます(笑)
数字を数えるとき、123・・・「5」のことを(ろろ)と言っていたのが、いつの間にか正しく(ご)と言えるようになってました!!
3歳6か月 初めての釣り@奥多摩 魚は釣れなかったけど、ぶどうむしは触れました。毎週のようにたくさん、バーベキューにも行きました(*≧∀≦*)
3歳7か月 乗馬体験! 去年、馬小屋見学したときにも乗りたがっていましたが、満を持して挑戦。片手を離して、カメラに向かってピースする様は余裕を感じる(笑)
テレビを観ていると「歓声をあげてるね」だとか、難しいワードのはずなのに的確な日本語を使ってコメントしていて驚き。反物を絶妙なグラデーションで染めている場面では「色が溢れてるね」ですって。なんて、素晴らしい日本語がつむぎだされるんだろう!
母が入院(妊娠中期に切迫早産で)。保育園をお休みして、会津に。
母の実家で、庭でいちごをとって食べたり、大葉を収穫するお手伝いをしたり。田舎暮らし満喫。
3歳8か月 続入院中の母。病室に来ると明るくふるまい、狂ったようなダンスを見せ、母の笑いを誘う(笑) おもしろいね!
3歳9か月 父母と離れての田舎ホームステイ2か月経過。ハサミも上手に使えるように。
3歳10か月 引き続き父母と離れ離れの田舎ホームステイ3か月経過。母が転院したことで、なかなか面会もできなくなる。現在の養育者である祖父母に従うしかない立場、まだ元の生活には戻れないことを幼いながら受け入れてる様子。親としても、ムスコの本心を聞いて受け止めたいなと思えど、祖父母の前じゃ難しいかな。せめて感謝を伝えたいなと「赤ちゃんを守るために頑張ってくれててありがとうね。大好きだよー」とバグしました。それくらいしかしてあげらるれない(涙)
体温計に着目し「調べたい」と「実験」を始めました。同じ人で近い時間帯に計ると数値に変化はあるのか。違う人にしたら体温は違うものなのか。計り方を変えたらどう変化するのか…etc. 次々沸いてくる疑問に何度も実験を重ねている姿。この学びの姿勢、探求心をいつまでも大切にしてほしいなぁと願います。
3歳11か月 ひらがなに夢中。音声がでる玩具で文字を入力する遊びにハマり、気づけばひらがなが読めるように。
数は、英語のほうが先に言えたくらいだったけど、日本語でも100まで数えるように。形遊びにも真剣なまなざしで取り組み、頭をひねりながら考える姿に成長を感じる。

4歳

4歳 弟が誕生し、約4か月の田舎ホームステイから解放(笑) 赤ちゃん返りもすれど、考えて行動するスキルも伸びてきた。食事中遊びそうになれば、今は何をすべきか考えさせ、ルールを意識的に守ろうとトレーニング。時計が読めるようになったので、逆算して行動するよう促すなどし、時間感覚も養い中。
プラレールはトーマス専門ですが、車輪の回転速度に着目し、車両を並べて比較するように遊びが変化。同じくらいの回転速度のものを分類してみたり。或いは、2つの車体を車両を対象に向き合わせ、片方のスイッチを入れてピストン運動させ、もう片方の車輪も回転させて遊ばせてみせたり。物理的なまなざしが芽生えてきたかな?
4歳2か月 雪降るなか、アウトドア。廃線になった駅舎のホームでランチ。寒かったけど、なかなかできないワイルドな体験だったね!
母親が身体中に湿疹が広がり、かゆみとイライラに参る。そのストレスに付き合わされる日々でごめん・・・;
神社や寺を見つける度に「(お母さんの)ぶつぶつが治りますように」と祈ってくれた。当たり散らしてしまう母に…なんて優しい子なんだ(涙)
4歳3か月 カットされていないごぼうを買ってきたら、大好きなプラレール(シューティングスター)いくつ分かで長さを計ってた!!
4歳4か月 父親と雨のなか、登山やらテント泊。アウトドアのレベルup。
4歳5か月 コロナの影響で、自粛モードのライフスタイルに。保育園も登園自粛したり…いつもの友達となかなか会えない生活。異変を感じとる。
かたや、母親は毎週病院通い。
おウチ時間を有効に過ごすべく、教材(ポピー)をとりはじめる。あまりお勉強させたいとは思ってなかったけど、活動がスキなようでシールや迷路に夢中。一気にやりたがる(笑) 去年、入院中くらいからやらせてあげてもよかったのかなと思ってみたりする。
4歳6か月 それまで寝坊助さんだったくらいなのに、いきなら早起きブーム。毎朝5時すぎくらいに目覚め、不機嫌そうな奇声をあげながら、着替えまでする。眠いならムリしなくていいのになぁと思うのだけど。
4歳8か月 保育園でみんなが揃って通いだす。いつもの日常に戻ったみたい。
自転車が届く。濃い青のロレンツォ色でお気に入り。毎日の服を青で揃えたがる。
冷感パットを買ったのをきっかけに、夜パンツで寝ることに。2日連続もらさずに眠れた。が、まだおねしょのリスクはなくならず(笑) 親がひやひやしながらの挑戦。
4歳9か月 進んで洗濯物を外す手伝いをするほか、弟の歯磨きまで「仕上げしてあげたよ」と。あら。お兄ちゃん!!

powered by crayon(クレヨン)